少子高齢化の進んでいる日本で問題視され続けているのが、医師や看護師不足です。 メディアでも深刻な問題として取り上げられることがとても増えています。 ナースに憧れて難関の国家資格を手にすることができたのに、離職してしまう人が後を絶ちません。 その理由には、憧れと現実の差があまりにも激しいことがあるのでしょう。 今まで医師が行っていたことを看護師が行うようになり、職務内容がとても多様化してしまっています。 注射や点滴、カルテの整理や記録、相次ぐ急患に追われて休暇もまともに取りにくく、帰宅できないことも増えているそうです。 結婚や出産をした人にとっては、家事や育児に仕事はとてもきつ過ぎます。 そのため、どんどん離職者が増えてしまい、看護師不足は解消されません。 看護師として働いている人は数万人いますが、それに対して資格を持っていながらも職に就いていない人が五十万人以上いるとされています。 全国で四万人のナースが不足していると言われているので、その五十万人の中のわずかな人でも職に就けるようになれば、この問題も少しは解決するように思います。